インテリアグリーンとギフト プランツコーディネイトのアジアック 多肉植物

店長日記

2018.09.28

ハウステンボス 世界フラワー・ガーデンショー2018 最優秀作品賞受賞

ハウステンボスで開催されている世界フラワー・ガーデンショー2018のコンテナガーデン部門、ハンギングバスケット部門にそれぞれ2作品づつ出品しました。

コンテナガーデン部門
タイトル : キラメキ
今ここにいることの嬉しさ、喜び、幸せな一瞬を
で最優秀作品賞を受賞しました。

沢山の方にご協力をいただき作れた作品です。正にタイトルの通り。
そして、母の誕生日の前の日に結果を知ることができ、結果をプレゼントすることができて嬉しく思いました。

審査員の方からは満場一致で一番だった。こんな事は過去になかったんじゃないかなっとお言葉をいただきました。

ハウステンボス コンテナガーデン部門結果

タイトル : 雑踏に咲く情熱
沢山の事象があるけれど、熱い気持ちを持ち続けて
で銀賞を受賞しました。

器の台は去年に続きそのだ正治さん作、
器はモルタル造形で、地球をイメージして自分で作りました。

こちらの作品はコンテストという事は考えずに作りたいと思ったものにトライしようと思い制作しました。
表現する上で器は重要ですが、器を作ることは私にとってはとても難しい事です。モルタルを使っての器作りは一つの挑戦でもありました。
見てくださる方が色々と想像してくだされば嬉しいなと思い制作しました。

そしてハンギングバスケット部門にも2作品出品しました。

ハウステンボス ハンギングバスケット部門結果

タイトル : 森のなかの秘密
迷い込んだ先に見つけた秘密

こちらで銅賞を受賞しました。
こちらはハンギングバスケットでは珍しいサラセニアを中心に作りました。
ラセインや、水引など普通は使わないだろう物を思い切ってサイズぎりぎりに動きが出るように植えました。
審査員の方からも度肝抜きましたとコメントをいただきました。
物語のあるものが作りたくて背景などを準備しましたが、出品前日に背景をシンプルに黒に塗り替えて出品しました。
私としてはコンテストである事やハンギングとかの枠を考えずに自由に制作した作品です。単純に見てくださった方に沢山のことを想像して楽しんでもらいたいと思って制作にあたりました。

タイトル :ピュアハート
幼い子供の心のように

で金賞を受賞しました。
もともとハンギングバスケットの方に有利と言われていた部門です。プランツギャザリングを勉強している仲間の中でも金賞を受賞した人はいないのではないかと思います。
こちらも敢えて細かなプランツギャザリングはしていませんが、プランツギャザリングの技術は存分に使っています。
背景はモルタル造形の技術を使って自分で作りました。
どの作品も重量や、サイズ規定がある中で、精一杯表現し制作しました。

結果発表とフィードバック

4作品出品して、全てにおいて銅賞以上の結果。久しぶりに嬉し泣きでした。
去年は初出品でどのような所を見ているのかわからないまま2作品作りコンテナガーデン部門は銀賞とハンギングバスケット部門は入選もできずに選外。少しは成長できているのでしょうか?
支え続けてくださっている皆様、本当にありがとうございます。
これからも頑張りますので応援よろしくお願いします。

オマケ
搬入を手伝ってくれたスタッフのユキヨ。
一緒に喜んでくれる人がいるって嬉しいなぁと思いました。
朝から夜まで、ありがとうございます。

11月4日まであってますので宜しかったらご覧ください(^^)